2009/07/31

7月31日

今日は午前中に消毒をしました。
(殺菌剤)コサイドDF、(殺虫剤)アファーム乳剤、アプローチ展着剤
日覆いは9時〜16時まで引きました。
室内気温24−35℃
鉢内温度23−32℃(最高温度が高すぎるような?)
灌水なし。

2009/07/30

水苔作り

Youtubeに水苔の作り方をアップしました。
よかったら参考にしてみてください。
またもや下手な説明になってしまってすみません…

水苔の管理としては日を取りすぎると先端部分が変色してしまう、日が甘すぎるとヒョロ伸びして細くなってしまう。なので、朝日が当たる棚下等に置いてバランスよく育てるのがベストだと思います。
水はやり過ぎをいうことは無いと思います。
私は知らないのですが本当に良くできた年は相当な量の水をやったらしいです。

初心者の私が使ってみても、プランターで作った水苔はニュージーランド産の水苔よりも太くて使いやすいので仕事が早く、見た目も格段に良いです。

2009/07/29

7月29日

今年の芋吹き棚の様子です。
手前の白いプランターは霧島の芋吹き群です。







今年の春に大量の霧島の芋切りをし、二番目の写真のように寄せ植えしました。








中にはこんな物も。



今日は伸びてプランターから溢れていた水苔の移植をしました。
移植して3年目の水苔は下の方が崩れやすくなっていて使えない状態だったので、やはり一年に一回くらいのペースで移植して収穫したほうが良いようです。

本日は温度管理ソフトに不具合があったので正確な温度は分かりません。
室内気温は高い時で30℃程でした。
灌水なし。

2009/07/28

7月28日

ビニールハウスの枯れ葉取りをしました。
室内気温21−30℃
鉢内温度20−28℃
14時半ころ雨が降って来て気温が下がり始めたので灌水。
日覆いは8〜13時まで引きました。

2009/07/27

7月27日

すっきりしない天気が続いていますね。
でも過酷な夏がくる前にこれくらいの天候が続いた方が万年青が伸びてがっちりするので良いようです。

室内気温22−25℃
鉢内温度22−27℃
日覆いは一度も引かず。灌水なし。

そういえば、気がついたらこのブログを始めてから一ヶ月以上経過していました。
早いものですね。
いつも見てくださっている皆様ありがとうございます。
これからもよろしくお願い致します!
何かご指摘やアドバイス等ございましたら是非コメントにてお願いします。

2009/07/26

7月26日 お棚拝見

園主にお供して富山の趣味者の方々のお棚を見させていただきました。
今日お世話になったのは林様、石井様、山村様、日中様です。
皆様いま主流の銘品からこれから時代を作っていくような品まで色々お持ちで見ているだけであっという間に時間が過ぎてしまいました。
林様のお棚では下の今年の生えを共有ということでお預かりしてきました。
背骨はありますが葉姿が良くて私の目には覆輪気があるような気がします。
園主曰く今のところ気はないそうです。

林様共有の実生

2009/07/25

7月24日

本日の管理
室内気温21−31℃
鉢内温度20−28℃
10時に日覆いを引いて16時頃戻した。
16時半灌水。
今日は素人目ながら良くなりそうな千代田斑の実生を2本鉢上げしました。
どうなることやら…楽しみですね♪

2009/07/22

7月22日 日食

今日は46年ぶりに国内で皆既日食が観測できる日でしたね。
長野は曇っていましたが運良く部分日食を観ることができました。
ガラスの皿の底をロウソクであぶって煤をつけて煤越しに観たら鮮明に欠けているのが分かりました。
ピーク時で7割程。


欠けているのが分かるでしょうか。
こちらはピンホールの仕組みを利用して紙に映したものを撮りました。
親の知恵のおかげで貴重な経験をさせてもらいました(^^)v

本日の管理
温室の夏の日差し対策が完了しました。
室内気温19−28℃
鉢内温度19−25℃
16時頃振り水。

2009/07/21

7月21日

今日は枯れた下葉を取って露出した首元に赤玉を乗せました。
本日の管理
室内気温21−26℃
鉢内温度21−24℃
日覆いは引かず。
この温度だと万年青は休むことなく活発に動いているので14時半の灌水時に水肥を遣りました。

2009/07/18

7月17日

第九回萬風展記念帖 ¥5,000

今年の萬風展の記念帖が届きました。
お求めの方はご連絡下さい。TEL026−251−3001
近日中にWEBにもアップされると思います。

本日の管理
室内気温20−28℃
鉢内温度19−25℃
16時灌水。
日覆いは14時頃引いて15時頃に戻しました。

2009/07/16

7月15日 猛暑

今日は朝から気温が高く8時には室内気温が30℃になっていました。
9時にいつもの日覆いを引きましたがこれだけでは夏を越せないのでもう一段階の日除けをしました。
ビニールハウスは青の防風網を屋根の上に張り、温室の方は応急処置だけして何か便利な方法がないか試行錯誤…
素材は黒のダイオネットやヨシズだと暗くなりすぎるので銀色のダイオネットを屋根の上に張ることになると思います。
室内気温21−35℃
鉢内温度21−32℃
17時灌水。灌水後の鉢内温度は27℃。

2009/07/14

7月14日

今日で芋吹きの鉢上げは完了しました。
倒れてしまったものや夏を乗り越えられるか不安なものなどもあり、芋吹きを巧くやるのはなかなか難しいようですね。
専務が担当している水苔の移植も今日で大方終わりました。

本日の管理
室内気温19−29℃
鉢内温度19−27℃
16時半ごろ灌水。

2009/07/13

7月13日

今日は灌水用の水を貯めているタンクを掃除しました。
サイフォンの原理を利用して3つのタンクを並べて3本のホースで水を循環させているのですが、循環がうまくいってなかったらしく2つのタンクがかなり汚れていて大仕事でした。

本日の管理
室内気温20−31℃
鉢内温度19−28℃
温室は8時半頃灌水、ビニールハウスと外は15時半頃灌水。
今日は3回くらい日覆いを引いたり戻したりしました。
最近は引くと曇ってきて戻すと晴れてくるという…お天道さまに遊ばれてますね。

2009/07/12

7月12日

夕方に富山県から山村様が来園され、持参された十数鉢のおもとを見せていただきました。
ご本人がおっしゃる通り、初心者の私にも分かるほど今年の葉に作がかかっていて素晴らしかったです。
目の保養になりました♪
太楽

本日の管理
11時頃日覆いを引いて16時頃戻す。
鉢内温度18−25℃
室内気温19−27℃
(園主のアドバイスにより今日から最低温度も書くことにしました。)
灌水なし。

2009/07/11

7月11日

今日は傾いて抜けそうな万年青を植え直して、首元が露出している万年青には赤玉を足しました。
室内最高27℃
鉢内最高26℃
日覆いは9時過ぎには引きました。
15時半頃に灌水。

2009/07/10

7月10日

私が初めて芋切りをさせてもらったお多福の図は無事に吹いたようです。まだ安心はできませんが。
これは苔ではなく、砂利で吹かしました。
本植えと全く同じ植え込み方法で植え、日は西日が一切当たらない棚下で60%ダイオネット2枚重ね越しに当てていました。
今日から外で管理します。

本日の管理
室内最高29℃
鉢内最高26℃
16時頃灌水。日覆いは一回も引かず。

ナメクジ対策をしていたのに大葉系の万年青がなめられてしまいました。
鉢枠にかかっている万年青はやられていない様子なので、極力鉢枠にかけるようにしたほうがいいようです。

2009/07/08

7月8日

芋吹きを30本程鉢上げした。
午前中に曇っていたので消毒をしました。
殺虫剤オルトラン(1000倍)、殺菌剤アントラコール(500倍)、展着剤アプローチBI(1000倍)

本日の管理
室内最高28℃
鉢内最高27℃
9時半頃日覆いを引いて14時頃曇っていたので開放、すぐに晴れてきたのでまた引いた。
灌水なし。

2009/07/07

7月7日


芋切りの時期に"寒天培地で根なし万年青の発根はできるのか!"という実験をしてみました。
培地を作る時点で本来は液肥を少量混ぜるらしいのですが、混ぜ忘れるという重大なミスをおかしていました。
滅菌はしっかりしたのでカビは生えなかったです。



そして、うまくいけばそろそろ根が出ている頃だと思い先程抜いてみたのですが、案の定…見事なまでに根が生えていませんでした。(苦笑)






芋痛みはなかったのできれいに洗ってパーライトに植え込みました。
来年は液肥を混ぜるのを忘れないようにしてもう一度実験してみたいと思っています。






本日の管理
室内最高32℃
鉢内最高29℃
16時頃灌水。
今日は10時過ぎに日覆いを引きました。
肥料が効いているのでもう少し鉢内温度は低めの方が良いような気がしますがどうなのでしょうか。

2009/07/06

7月6日

本日の管理
今日は完全に枯れた下の葉を取り除き、今年最後の追肥をしました。
長野ではまだまだ根も芽も動いている途中なので、梅雨の時期でも肥料をやらないと作がかからない様です。
室内最高29℃
鉢内最高27℃
16時頃灌水。

2009/07/05

7月5日

本日の管理
室内最高29℃
鉢内最高27℃
最近晴れた日は9時半頃には日覆いを引くようにしています。
午前中はもっと日光を取りたい気がするのですが、10時過ぎまで日光に当てるとこの前のように鉢内温度が上がり過ぎてしまいます。
16時頃水肥を入れて灌水。

7月4日 お棚拝見

須坂分会の方々にご一緒させていただき、お棚拝見に行って来ました。
今回は上田の宮崎様のお棚を見させていただきました。
前から宮崎様のお棚は見に行きたいと思っていたので念願が叶いました。

旭峰

いかがでしょうか!このボリューム!!!
この他にもまさに王道と言った感じで銘品の数々が整然と並んでいました。

この後、小林様と湯本様のお棚も見させていただく予定だったのですが、急用ができてしまったので私一人帰ることに。

本日の管理
室内最高28℃
鉢内最高27℃
17時頃灌水。

2009/07/03

逸品

今日はお昼過ぎに実生家の松井 久様のお宅にお邪魔してきました。
実親や実生を一つ一つ手に取りながら「これは良い葉姿が生えるが竜が乗らないから♂木には…」「これは斑の出方が…」「これがあの…」など詳しく教えていただきました。
あっという間に時間が過ぎてしまい棚の半分も見ないうちに帰らなくてはならない時間になってしまいました(泣)
さて帰らなくてはと棚をザーッと眺めながら歩いていたのですが、なにやらオーラを感じたので立ち止まるとそこには下の写真の姿が。
一瞬、力和の縞かと思ったのですが何か違う気がしてお伺いしたところ帝王だとのこと。

帝王

ピントが合わず、ぼやけた画像になってしまいました。
第4回萬風展で富山の林 利英氏の帝王が萬風賞を受賞されました。

本日の管理
室内最高28℃
鉢内最高26℃
16時頃灌水。
この時期は天候の変動が激しいので管理が忙しくて難しいですね。

2009/07/02

定休日

大象観
(上から)
この時期になってもまったく新芽が伸びてこないので鉢から抜いてみました。
芋痛みはなかったのですが、新根が一本短く伸びていただけだったのでパーライトを使って植え込んでしばらく様子を見ることにしました。
地植えにしてあった物で、根がほとんどありません。

本日の管理
室内最高23℃
鉢内最高22℃
周りの窓は閉めたまま日覆いはなし。
11時頃乾き具合を見ながら灌水。

2009/07/01

7月1日

本日の管理
雨が降り湿度が高い一日だった。
室内最高24℃
鉢内最高23℃
日覆いは引かず、灌水もなし。

鉢上げした今年の芋吹きは外で管理。
直射日光が当たらない位置に置き、遮光率60%のダイオネットを二枚重ねにして上に引いてあります。
雨には当てないようにしています。