2010/01/30

1月30日 琴治

『琴治(ことじ)』
平成22年度の銘鑑に金文字(全盛稀貴品)として、『力和』『鸞山』とともに羅紗名鑑の最上位に位置することになった『琴治』です。

交配は「琴治大宝」×「天竜」、昭和40年に作出。
作出から登録まで全て兼子琴次氏で、氏の名前からこの名前がついた。
当才生えの時点で覆輪が回っていたという稀なケースで、昭和58年に登録された。

大きな特徴として、厚い葉肉に絹雅糸竜と呼ばれる繊細な総雅糸竜を現す。
葉幅が広く、シンメトリーな葉姿は非常に見応えがある。

最近では数も増えてきて、比較的手に入れやすくなってきているので、これからさらに多くの人に培養されるであろう銘品である。

『琴治』の♂木である『天竜』は、雅糸竜のある縞甲の青で、松本の百瀬氏によると五大州を使ったものとか、晃明殿がかかっている可能性があるという話を聞いたが定かではないとのことです。
昔は『タツキ』と呼ばれていた実親です。
※後日、『天竜』と『タツキ』は別の物だということを教えて頂きました。『タツキ』は『天竜』のF1ではないかとのこと。

外気△4−10℃
室内3−12℃
鉢内4−13℃
灌水なし。

自家製肥料は園主の作ったものは60℃近くに上昇するなど、順調そのものですが、私の挑戦したものは発酵が始まったかと思ったらまた温度が下がってしまうなど、四苦八苦しています。
木酢液がいけなかったのか、米ぬかの量が多すぎたのか、、、
色々勉強する必要がありそうですね。

2010/01/28

1月28日 富国殿

『富国殿(ふこくでん)』『天光冠(てんこうかん)』
ブログを読み返していたら不覚にも羅紗おもとの王者格である『富国殿』を載せていないことに気が付きました。すみません。

富国殿は、大正末期、奈良県の福井伊平氏の棚で誕生する。
昭和2年に同県の神田楢松氏のもとで覆輪が完成し、昭和5年に三光園主により広島県の高瀬英一氏に渡ったが枯死したとされている。
なので、現在出回っているものは、昭和14年に愛知県の神田源一氏の縞の木より増えて棚割りされたものから完全覆輪が完成したものが元であるとされている。

その気品のある葉姿が『天光冠』と対比される大銘品で、地合いは天光冠と同じように粉を降ったような浮き地、天光冠よりも襟組が正しく、葉先が尖り、折り下げる。
熨斗葉が主体で、親木になるにつれ細い葉の中に押しつぶしたような雅糸竜を現し、純白の大覆輪が葉全体を覆う。
その完成した姿は、他の品種にはない、人を引きつける魅力を漂わせる。
離れて観てそのシンメトリーな葉姿と整った襟組に感動し、近くで観てその葉芸に感動する、まさに羅紗おもとの王者格といえるだろう。

繁殖法としては、若木のうちは子上げが良く、親木になるにつれて子を上げにくくなる。
また、芋切りをすると凝りやすいので、間隔を空けてゆったりと芋切りをする必要がある。

外気△2−9℃
室内2−11℃
鉢内3−12℃
10時頃灌水。

1月30、31日は北九州で「萬遊会」が行われます。
詳細はこちら↓
http://www.omoto.net/cn10/pg154.html

2010/01/21

1月21日 聖紀の誉

『聖紀の誉(せいきのほまれ)』
五大高嶺(五大州の原木)に図の現れたもので、昭和38年に千葉県で発見された。
命名者は榎本敏一氏、登録は榎本氏と宮崎市太郎氏。
若干黄味を帯びた深覆輪に雪白で流れるような図や菱形、渦上の図を現すのが特徴。
中でも星状の図を葉一面に現し、図性の優れたものを『天旭宝』と呼んで区別している。
下の写真は『加賀錦』だが、このような菱形の図を現す。


今日で羅紗、薄葉、大葉の銘鑑(平成21年度版)の金文字の勉強を兼ねた紹介は終わりました。
次は各三本柱にしようか、上段の別格稀貴品にしようか考え中です。
明日から水曜日くらいまで用事があって書けないので、考えておきます。

外気0−5℃
室内2−7℃
鉢内4−9℃
灌水なし。

2010/01/20

1月20日 児玉残雪

『児玉残雪(こだまざんせつ)』
明治初期に鹿児島の児玉某氏のところで、都の城(本ミヤコ)に虎斑の現れたもの。
本ミヤコなので葉肉が厚く、覆輪が深く、立ち葉で上品な葉姿をしている。
そこに雪白で大柄の虎斑を現し、非常に美しい。
本種の虎斑は後暗みする傾向があるので、成長期に十分な採光をして虎斑をしっかりと出すことが培養の秘訣である。

大葉系で展示会によく出展される品種は『○○の図』のように、原木の名前が入っているものなら分かりやすいのですが、別で名前の付いているものは原木を覚えるのが大変ですよね。
そこで、分かりやすいかどうか分かりませんが、3系統だけまとめてみました。※大衆品のみ

都の城系家宝都の図(実生口)御所桜(縞図)児玉残雪(虎斑)聖光都の図(本都)大観(本都の図)大雪山(本都の図)龍巻都の図(本都だと思われる)都の雪、花(実生口?虎斑)

大象観系残雪(図)駿河富士(流れ虎)千代田城(紺覆輪、紺縞、浮き地)鷲高隈(切り斑虎)

五大高嶺系五大州(縞)加賀錦(五大州の図)五大三光(五大州の虎)旭光(図)聖紀の誉(図性の良いものは『天旭宝』)高千穂(虎斑、かつて性の良いものは『米若残雪』と呼ばれた)

外気△4−9℃
室内3−12℃
鉢内4−15℃
ビニールハウスだけ灌水。

2010/01/19

1月19日 駿河富士

『駿河富士(するがふじ)』
昭和34年、黄倉厳氏らが静岡県富士市で発見したもの。
その年の秋に小泉兵一氏が三光園主と宝生園主に納入し、鈴木菊三郎氏が発見された地名に因んで『駿河富士』と命名した。

原木は恐らく大象観であろうといわれている。
確かに、葉型やしかみなどを見れば大象観そのものである。
駿河富士に現れる虎斑は他の品種には見られない独特の流れ虎。一見すると千代田斑や白斑と同じような性質を持った斑の様に見えるのだが、実生では作出不可能らしいので虎斑の一種なのだろう。
しかし、駿河富士の図という品種があるのだから、なんとも不思議な駿河斑といったところだろうか。
同じ駿河富士でも斑の出方にいくつかの系統があり、写真の木のように雪白な駿河斑を現す白雪駿河と呼ばれるものや、やや黄味を帯びた駿河斑を現すものなどもある。
さらに、羅紗地に変化したものや、打ち込みの千代田斑を現す駿河富士もあると聞く。

駿河富士の美術木は確かに美しくて見応えがあるのですが、それとは別の楽しみ方として系統の良いものは春になり新葉を伸ばしてくると、緑は葉先にわずかにあるかないか、といったような見事に真っ白で美しい葉を見せてくれます。
本当に見事なほどです!
その写真が見当たらないので、ここに載せられないのが残念です。

それにしても、また大象観ですね。
残雪、駿河富士、讃岐富士(白斑)、千代田城、鷲高隈。
不思議な木です。

これも大象観です。
左は完全な中透け(昨年の7月2日のブログで書いた木)。右は縞ですが、紺覆輪に反転しています。
これで千代田城のような浮き地になってくれればもっと美しいのですが、それでは千代田城そのものですので、これはこれで良いと思います。

外気△6−8℃
室内3−10℃
鉢内4−10℃
灌水なし。温室は日中温度が上がりすぎないように天窓だけ解放しています。

2010/01/18

1月18日 達磨

『達磨(だるま)』
昭和60年,鹿児島県の渋谷茂夫氏が『大錦』×『白鶴殿』の交配で作出した比較的新しい品種である。
命名、登録は同県の吉川清尚氏
葉幅が広く、葉先は丸止めで愛嬌の良い葉姿をしている。
紺性が強いので、曙斑をきれいに出すことができれば一段と美しい姿になる。

曙系の良いところは、曙斑をきれいに出す技術さえあれば、誰でも美術品を作ることができるところにあります。
図や虎斑には系統があり、技術だけではどうしようも無い部分がありますので。
しかし、図や虎斑でもその素質を十分に引き出すにはやはり技術が必要です。
ですので、、、斑物を上手に作るにはそれなりの技術が必要で、腕を磨き続けるしかないということです。
ん?話がまとまっていない。。。
とにかく、曙系は系統を気にせずに傷んでいないかだけを気をつければ気楽に求めることができるというのがメリットですね。

もう一つ、曙斑は交配によって遺伝します。
達磨の片親である、白鶴殿は曙系の大葉おもとです。
昨年、霧島の実をセルフで100粒程蒔いたのですが、1割程度は曙斑が遺伝しました。
なので、曙斑のある薄葉、羅紗や、竜のり曙斑などを作出してみるのも案外面白いかもしれません。
曙羅紗はすでに何本か展示会に出てきているのを見ました。

おもとは一人一人楽しみ方を変えられる植物なので、遊べる範囲をもっと広くするのも、新たな趣味者獲得には大事なことだと思います。

外気△9−4℃
室内3−11℃
鉢内3−12℃
昨日灌水しました。

園主の肥料は現在48℃まで地温が上昇しています。
私のは3日経ったのにまったく発酵が始まる気配がありません…orz
明日変化が見られなかったら発酵剤のコーランを混ぜます。

2010/01/16

1月16日 外輪山

『外輪山(がいりんざん)』
昭和37年、田ノ上某氏が作出したもの。
当時は3枚葉の爪覆輪のある曙実生で、培養を重ねるうちに深覆輪を現すようになった。
昭和45年に熊本の中山意三氏と吉田敬一氏が求め、中山氏が命名、登録した。
立ち葉で葉先が尖り整った葉姿に、白黄色の深覆輪、黄金色の曙斑を現した見事な姿は大銘品の風格を漂わせる。
大葉系を作るなら、この外輪山は棚に欠かせない品種である。

見事にできた曙虎斑を夏の夕暮れ時に外棚で見ると、そこに明かりが灯っているかのような神秘的な風景になります。

外気△6−1℃
室内2−11℃
鉢内4−12℃
灌水なし。

2010/01/15

1月15日 武蔵

『武蔵(むさし)』
大葉系統に属していますが、大型の羅紗おもとという表現が当てはまります。
大型ながらも多芸品で、繊細で盛り上がる雅糸竜、剣葉、鈴虫剣、跳ね竜を現す。
330種によればおもとの芸のすべてが堪能できる品種とある。
昭和40年頃三河地方で作出され、同じ愛知県の宮田徳次郎氏を経て、筒井信夫氏が培養、増殖した。
後に日星園の宮崎市太郎氏が正谷信次氏に納め、命名登録に至った。


園主の作っている肥料は順調のようです。
発酵剤は使わずにこのまま作るようで、3日で36℃まで上昇しました。
完全に発酵が完了すると温度が常温になるようです。
パンのような良いにおいがしています。
容器は断熱効果のある物のほうがよいということで、発泡スチロールに。

私も残りの菜種粕を使って肥料作りに挑戦しました。
木酢液を少量入れてみたので、園主の物との違いを確かめようと思います。

外気△4−0℃
室内2−5℃
鉢内4−7℃
灌水なし。

2010/01/13

1月13日 実生会、東天光

今日は当園にて実生会がありました。
業者も3人集まり、非常に有意義な会合となりました。
特に、湯本先生と高橋不二夫氏による胡麻斑の交配の話が面白く、千代田斑と胡麻斑の関係性、胡麻斑でも白胡麻と黄胡麻がある、など非常に話が盛り上がりました。
高橋氏によれば千代田斑は母体に千代田斑の血があったほうが遺伝しやすいが、胡麻斑は青の♀木に胡麻斑を入れれば胡麻斑のものが生えるらしいです。

『絢華』

昨年、一昨年と三河の実生会で最優等になった『絢華』の両親が揃ったので一枚パシャリ。
♀木「外4」×♂木「N大宝」
「外No.4(そとよん)」
美好会で『麒堂』、個人的には『和康』『松寿の舞』などを作出している松井氏の棚の外にあった4番目ということでこの名がついた。M車と美好二面のF1ということになっているらしいが、本当の詳細は分からない。
実績はある。
「N大宝(えぬたいぼう)」
大野大宝の青。
これを♂木に使って、絢華とイメージの似た木が生えるなど縞羅紗の♂木として優秀らしい。
♀木としては胡麻斑の♂木をかけることで数本の胡麻斑羅紗が生えているようである。
昨年、三河実生会の当才胡麻斑の部で最優等になった木もこの交配。

『東天光(とうてんこう)』
昭和30年代に千葉県で発見された曙系大葉の品種。
葉長はそれほど長くないのだが、葉の中程から葉幅が広くなる。
曙系の中では曙虎斑が出やすく、後暗みも少ない。

室内
鉢内
灌水なし。

2010/01/12

1月12日 肥料作り、力和


近所の農家の方から遺伝子組み換えをしていない純正の菜種油粕「一番搾り」をいただいたので、園主が肥料作りをしました。
昔は自家製の肥料が当たり前だったとか。
私は市販のもので十分だから我関せずといった感じだったのですが、やり始めたのを見たらやはり気になってしまいました。
菜種油粕に米ぬかを混ぜ、発酵剤のコーランを使って完全発酵させるそうです。
代用としてEM菌を使っているという方や、藁を使って納豆菌で発酵させるといった方法もあるようです。
さらに木酢液を混ぜるとにおいが減るそうです。

何日か経つと熱を持ち始め、ピーク時では80℃近くまで温度が上がるそうです。!!
すでに温度が上昇し始めているような?
明日からも変化があったら計測結果を載せようと思います。


奥谷三郎氏の「萬年青大観」を読んでいたら『力和』についておもしろい文章を見つけました。
以前、ブログで昭和15年に杉山力蔵氏が作出した「大車実生」であると書いたのですが、この本によると、当時のことに詳しい吉良町の杉山真一郎氏によると、♀木ははっきりと「群宝」だと覚えていると書いてある。
さらに、当時、同町には大車は入っていなかったので♂木は「二面甲竜」だと思うとのこと、と書かれているのである。
今まで数人の方から力和は典型的な大車実生だと教えられていたので驚きました。
♂木に大車が使われていた可能性が0ではないので何ともいえませんが。
いずれにしろ、この文章からは♀木は「群宝」で間違いなさそうです。
まあ、交配がなんであろうと力和には変わりないんですけど、私の中で「群宝」の評価が変わりました。

室内0−5℃
鉢内4−6℃
先程、園主がプラ鉢を手で包んだ状態で計測結果を見たら1℃上昇しました。
12時頃灌水。

2010/01/10

1月10日 家宝都の図


『家宝都の図(かほうみやこのず)』
本都の城の図である大雪山系とは違い、実生系都の城に図が現れたものである。
そこまで深覆輪にはならなく、葉肉も若干薄い。
昭和32年の年末に、新潟県の平井修造氏が「都賀の雪」として三光園に3本持参した。
3本とも図性が違ったため、同一種なのか疑問が残ったまま相沢氏、大井氏、家泉氏(のちに金丸氏へ)の三方に棚割りされた。

吹雪を散らしたような図が全面に入り、一世を風靡した大葉図物の大銘品である。
血統は相沢性、大井性の二つの系統が双璧をなしている。

昔は割子一本で百万円近くもしたらしく、その頃の趣味者の方からは『家宝都の図』の割子をどんどんあげて大分儲けさせてもらったという話も聞いた。
あまり投機に走りすぎるのは良くないが、やはりそういった景気の良い話もないと万年青界を活性化させていくのは難しいのかもしれないと感じる。

室内3−13℃
鉢内4−13℃
明日の朝、ビニールハウスの灌水予定。

2010/01/08

1月8日 太陽殿の虎

紹介している大葉おもとは日本おもと協会の銘鑑に基づいた品種を指しますが、鹿児島のほうでは葉長が40cm以上のものを「大葉おもと」と見なし、それらは「薩摩おもと」とも呼ばれています。
薩摩おもとの歴史としては、神武天皇が建国の際に「日の草の赤が美栄えてとこたわに 瑞穂の国は栄えまつらむ」と歌ったとあり、繁栄を祈願したとされています。
それほど昔から鹿児島地方では野生のおもとが生えていて、人々に知られていたということでしょう。

大葉おもとの観賞のポイントはその雄大さ、葉姿、そして柄です。
覆輪だけのシンプルなもの、そこに図斑や虎斑が入ったもの、縞覆輪、高隈、曙、白斑…etc
羅紗や薄葉では嫌われがちな、反転による中透けも大葉では十分観賞価値があります。

作に関しては、湿度を保ち、肥料を十分に与えること、そして葉焼けを起こさない程度の効率的な採光が必要で、葉長を伸ばそうと日を甘くしすぎると、腰が痩せてしまい迫力が足りなくなり、徒長によって葉も垂れてしまいます。

『太陽殿の虎』
薩摩おもと系に『太陽殿』という品種がある。
奥谷氏の本によると大正末期に鹿児島県加治木町の松田伝之助氏が命名した『錦江高嶺(きんこうたかね)』を米山慶助氏が加治木町某氏の庭で発見し、それを太陽殿と改名したとされている。(この「高嶺」とは大葉おもとの覆輪の品種のことを指す。)
しかし、太陽殿の命名者である村田道治氏の文献によると、昭和27年12月、米山慶助氏が持参した品を筆者が購入し、ゴッホのヒマワリの絵になぞらえて『太陽殿』と命名、登録したもので、『月輪高嶺』系ではないかとされている。
ストーリーとしては「錦江高嶺」が「太陽殿」に改名されたのが正しいように思えるが、私では判断のしようがない。

その後昭和53年頃、千葉県の小倉利夫氏のところで、その太陽殿に大柄の虎斑が現れた。
それが『太陽殿の虎』である。
太陽殿の黄色がかった深覆輪と独特の淡い緑の地合いに、抜けの良い大柄な虎斑が現れた本種は一見してそれと分かり、実に美しく、観る物を魅了する魅力がある。

室内気温2−11℃
鉢内温度4−12℃
9時頃灌水。

2010/01/05

1月5日 龍巻都の図


新年一発目の品種紹介は、大葉万年青銘鑑の最上位に位置する
『龍巻都の図』です。
大葉図物の歴史的代表種である『家宝都の図』の変化種とされているが、葉肉の厚さなどからは「ホンミヤコ」の図である『大雪山』や『大観』の変化種のように思える。
昭和44年、宮崎県の佐伯保生氏がきむら園芸から求めた家宝都の図が、従来のものとはっきり区別できる程に変化したものとされている。
図は他の図物の追随を許さない程雪白に打ち込み、葉先に向かって強く絞ることで葉が龍巻のようにねじれるのが特徴。

図性が良いので葉焼けをおこしやすく、採光や寒風には特に注意が必要。
当園の去年の作では図の部分がほとんど焼けてしまい、茶色の図になってしまった。

外気△3−2℃
室内2−10℃
鉢内3−12℃
灌水は乾いたなと思った次の日の朝にするようにしています。

2010/01/01

1月1日 謹賀新年

2010年1月1日

謹 賀 新 年

新年明けましておめでとうございます。
今年も田哲園、そして『日々是万年青』をよろしくお願い致します。

今年は寅年ですね。
寅は春が来て草木が伸び始める状態を表しているとされています。
万年青だと、これから新葉がどんな芸を現しながら伸びてくるのか最もワクワクする時期ですね。
私自身も一皮むけた良い芸を現せるように励みたいと思います。