2010/04/30

4月30日 玉光

『玉光(ぎょっこう)』
昭和40年頃に愛知県で作出され、昭和47年に女性の玉田美智子氏が登録したもの。
一時期「たまひかり」と呼ばれていた時期もあったが、当時は登録申請に際し読みは申告していなかったので本来どうなのかは不明とのこと。

葉先は尖るが、幅広くできると丸止めの力強い葉を見せる。
熨斗葉、剣葉、鈴虫剣などを現し、雅糸竜を現す。
覆輪が白く葉やけには注意が必要で、葉姿も剣葉が片寄るなどなかなか整いにくいが魅力あふれる品種である。

登録した当初の価格表(奥谷氏の「おもとづくり」)によると『玉光』は30万円となっています。
基準は2〜3枚葉の中苗。
当時はまだ縞甲の人気があったようで『青海波』が25万円、『天照海』18万円。
『旭光宝』は100万円。
羅紗系で高価なものは『最高閣』100万円、『越天楽』60万円、『旭峰』20万円、『金剛鳳』40万円、『国宝錦』25万円、『殿様実生』40万円、『力和実生(縞?)』30万円、『羅紗王』30万円、『八雲錦覆輪』60万円といった感じになっています。
千代田系では『三光の松』50万円、『千代田の松』4万円、『日出の松』30万円、『宝生の松』40万円、『瑞穂の松』25万円といった感じ。

外気3−18℃
温室6−22℃
鉢内6−28℃
9時頃灌水。

通販が始まりました。pdfファイルが貼り付けてあるのでダウンロードしてご覧ください。
5月2日〜4日は安曇野スイス村で山野草などの展示会「草匠展」が行われます。
当園も出店しますので是非ご来場お待ちしております。
詳細はこちら→第4回信州草匠展

2010/04/26

4月26日 妙峰

『妙峰(みょうほう)』
昭和45年以前に、兵庫県の豆板某氏が作出し、昭和45年頃に十数本に増えたものを京都三光園主、服部弘氏が買い入れ『妙峰』と命名したもの。
登録は平成9年、山下喜司氏。

葉先が鋭く尖り、非常に特徴のある葉姿をしている。
紺性が淡く、黄覆輪が深く、そのコントラストは見事。
雅糸竜も独特で彫りが深く荒削り、剣葉など多芸である。
写真の木のように葉幅を保った作は難しく、剣葉と鈴虫剣のような葉が出やすいうえに葉繰りがあまり良くないので美術品作りには技術が必要。

外気0−21℃
温室3−18℃
鉢内4−28℃
16時頃灌水。
スリップス予防を兼ねて木酢液をタンクに少量入れて灌水しました。
木酢液は展着性、浸透性に優れているので肥料をやる時期や、消毒をする時に一緒に混ぜると効果的です。
リンゴ農業でも木酢をぶてば、農薬が少なくて済み、味も良くなるなどと言われているそうです。
ただし、アルカリ性の肥料や農薬に混ぜると薬害が出る可能性があるので注意が必要です。

昨日今日と晴れて久しぶりの採光ができました。
この時期はできるだけ採光したいです。
でも明日はまた天気が悪くなるようです…

Golden Week!4月29日〜5月9日は埼玉スーパーアリーナで日本園芸フェスティバルが、5月2日〜4日は安曇野スイス村で信州草匠展が行われます。
沢山の方のご来場をお待ちしております。

詳細はこちら↓

2010/04/23

4月23日 東三宝

『東三宝(あずまさんぽう)』

昭和初期に岡田和吉氏が作出ということになっている。
昭和30年当時、宝生園主:鈴木菊三郎氏が買い集めていたものを三光園主:榊原清市氏が着目して譲り受け、登録者である溝渕寿吉氏に納まり、その後田渕徳氏も培養増殖した。

奥谷氏の本では玉輝冠に雅糸竜が多く現れ、剣葉を出す品種と紹介されている。
しかし、玉輝冠のような直線的な立ち葉ではなく横に開く中立ち葉といった葉姿。
葉先は尖り、葉全体に広がるまさに総雅糸竜を現す。

今回の松本分会の展示会で山口典嶽氏が詰まってできた素晴らしい至芸品(写真の木)を出展されていたので載せました。

外気7−9℃
温室8−11℃
鉢内9−13℃
灌水なし。
日照が少なく気温も上がらない為上苔が乾かないのですが、昨日は鉢内の空気の入れ替えの為に灌水しました。
この時期は水切れによる根落ちから芋傷みにつながるようなので、水は迷ったらやるようにしています。
植え替えの時に根の途中まで腐っている場合は根は芋の延長と考え、完全に根元から切除するか、傷みの入っていない部分まで切除して根の切除した先に墨を塗って植え込むようにしています。
所詮根だからといって手でむしるのではなく、ランセットやよく切れるハサミを使ってしっかり切除します。
特に、根の芯の色が変わっているような場合はそこからスーッと芋に浸食することが多いので気をつけなければなりません。

4月24、25日は安曇野市の三光ホールで松本分会の展示会が行われます。
お待ちしております。

2010/04/21

4月21日 三河錦

『三河錦(みかわにしき)』
昭和20年頃、愛知県の山本歌吉氏が実親『出世鏡』より作出したもので、3才の時に岡田和吉氏が求め、培養増殖。
昭和24年に二カ所の棚に棚割りされた。

紺性は強いが、覆輪が深く浮き地になる。
容姿端麗で襟組がよく、葉先は鋭く尖り、折り下げも良い。腰はやや高くなる。
熨斗葉に本剣、葉の縁にビリを打ったり跳ね竜を現したりと多芸で、雅糸竜は富国殿のように緻密。

外気10−14℃
温室11−19℃
鉢内12−23℃
ビニールハウス16時頃灌水。
温室はほとんど乾かなかったので灌水なし。

こちらは最近私のGコレクションに加わった三河錦の青です。

昨年の東京支部の展示会で出展されているのを見て欲しいな〜と思っていたところ某業者から縁あって入手することができました。
なかなかの粗れ地でこれから芸も進み、葉肉ももう少し増すと思うので楽しみです。
特徴の剣葉がもう2本くらい欲しいところ。
あとは峻嶺、聖雲殿、富国殿も加わりました。
全て美術木に仕上げて長野大会の参考品に出展しようと企んでいます。
新生殿や瑞泉の青も昔は当園にあったらしいのですが、今は探しても見当たらないので探し中です。

2010/04/19

4月19日 雪嶺

『雪嶺(せつれい)』
昭和42年の作出で作出者は不明。
山形県の豊楽園、萩原恒敏氏が平成5年に登録したもので、晃明殿型羅紗のひとつ。
葉は横に開き、葉の中程で折れる。
最高閣よりも腰が低く葉幅も広い。
写真の木は今年の萬風展で新企画出版局賞を受賞した木で、特徴も標準以上によく現していて葉数も多く素晴らしい。

外気3−21℃
温室5−19℃
鉢内6−28℃
16時頃灌水。

東信で『玉雲』の話で若い趣味者の方と話が盛り上がったので書きます。
奥谷守松氏の著書
「おもと培養必携」の371ページ
「原色おもと図鑑」の108ページ
に載っている『玉雲』の覆輪(デモ?)の写真。
作出は石渡忠太郎氏。昭和34年に完全覆輪が2カ所の棚で完成したが枯死したため、未だに覆輪の木が世に出回っておらず、多くの趣味者の方が自分の棚で完成するんじゃないかという夢を持って作っている有名な品種です。
「玉雲は覆輪が回ってみたら、だらしなかったから潰したなんて話もあるらしいよ」なんて都市伝説みたいな話を聞かせてもらったことがありますが、この写真の感じだとそんなこともなさそうです。
「原色おもと図鑑」のほうは同じページに『玉賜』も載っていますが、私が商売をできるようになるころには、歴史がありながら未だに覆輪の回っていない素晴らしい品種の覆輪の木が世に出回るようになっているのでしょうか。

2010/04/18

4月18日 東信おもと愛好会


東信おもと愛好会の展示会は無事に終えました。
東信分会の代表といえば名作の宮崎さん、大葉薄葉の小林先生、実生の湯本先生がおられるのですが、まさに三者三様で展示品が並べられました。
若い趣味者の方もサポートしてくださるので、仲間としてこれからも力を合わせて頑張っていきたいです。

一般の方による人気投票も行われました。
1位:『大納言』茂木氏
2位:『天錦(中透けの大型縞甲)』湯本
3位:『竹千代(上の写真)』小林先生
意外にも羅紗が1位!
やはり大納言のシンメトリーな葉姿、葉重ねと上品な覆輪は一般の方にも通用するようです。
(写真を撮り忘れたのが悔やまれます。)

初心者の私にも勉強の場を与えてくださったので、一年間で学んできたことを一般の方にも分かるように何とか精一杯話したつもりだったのですが、大分早い段階から原稿を追えなくなりアドリブになってしまい、話がまとまらないままに終了。

また機会を与えていただけたら、次はもう少し論点を絞って落ち着いて話をしたいと思います。
あと、写真を見て自分の姿勢の悪さにも驚きました…苦笑
背筋を伸ばす修行もしたいと思います(>_<)

2010/04/16

4月16日 金剛鳳

『金剛鳳(こんごうほう)』
昭和10年頃、嘉禄二面(金剛錦)×幽霊斑(麗宝)によって愛知県で作出された胡麻斑羅紗実生が三河の某業者によって福井氏、高栄氏、そして登録者である大野信哉氏に納まる。
昭和18年、大野氏のところで覆輪の回った割子が3万円という高値で、かつ36人によって共有とされた。
その木は『金剛冠』と命名されたが、昭和26年に枯死。
残った木に『金剛鳳』と命名。

艶消しの地合いに鮮明な黄胡麻斑。二面、雅糸竜、熨斗葉、本剣と多芸品種で小型の胡麻斑羅紗である。

現在では数はそんなに多くはないが『金剛鳳覆輪』として覆輪の木が出回っている。

外気3−10℃
温室5−14℃
鉢内6−16℃
灌水なし。

「昔ながらの芋吹き方」
俵を作り箱に隙間なく詰めます。
長野の名作者と呼ばれる方々は、この昔ながらの方法が多い気がします。
当園では作業効率などを考え、下の写真のように俵をビニールで巻いて芋吹きをします。
芋吹きというのは結局は芋を切るまでの作が重要なので、吹きの成功率としてはビニール巻きもそんなに変わらないと思いますが、やはり万年青に関わる一つ一つの作業に対してしっかりとこだわりを持ってやっておられる、というところが名作者たる所以なのだと思います。

音楽でもmp3のようにPCを使い効率化された綺麗な音よりも、レコードの針を乗せる所作やチリチリとしたアナログ音のほうがグッとくるのと似ているような気がします。

4月17、18日は東御市の道の駅、雷電くるみの里で東信おもと愛好会による春のおもと展が行われます。
是非遊びに来てください。
お待ちしております。

2010/04/14

4月14日 静渚

『静渚(せいしょ(う))』
昭和45年に三河で生えた当才実生を登録者である伊藤三郎氏が育て上げたもの。
当才芋吹きの姿は非常に愛嬌が良く、雅糸竜も見せ、ただならぬ雰囲気を漂わせる。
親木になるにつれて、やや大型になり、葉先は丸止めで非常に力強い姿になる。
葉の全面を雅糸竜が覆い、おそらく琴治や琴宝のように縞甲の強い血を受け継いでいるのではないかと思われる。

外気4−11℃
温室6−24℃
鉢内7−31℃
夕方灌水。
鉢内温度は以前から書いている通り、10時頃が一番高く、その後は1〜2時間で室内気温とほぼ同じ温度に落ち着きます。

2010/04/12

4月12日 鯱

『鯱(しゃち)』
昭和30年に三河で生えた。
新潟県の重泉光夫氏が作っていたものを古田勲氏を通じて長野県の笠原右光氏に納まる。
総親から増えた最初の子に完全覆輪がかかった。
命名は笠原氏、古田氏兄弟、当園の先代。昭和41年に笠原氏が登録。

小型の代表種で、葉長はせいぜい4cm程度。
その小さな葉の中に『聖雲殿』を思わせるような柚子肌の地合い、葉先は鋭く尖り、葉の縁に力があり盛り上がる。
最近では殖え木に出会えることも少なくなったようである。
奥谷氏の本によると天光冠のような太い根をしているので、多肥には注意しなくてはならないとのこと。
私も一度は挑戦してみたい品種です。

外気7−11℃
温室9−16℃
鉢内10−19℃
曇りで表面はそんなに乾いていませんでしたが、サナは少し乾き気味だったので根の活動を考え夕方灌水しました。

2010/04/11

4月11日 高千穂

『高千穂(たかちほ)』
『五大高嶺』に虎斑の現れたもの。
江戸時代には『高千穂』といえば覆輪だけのもので、明治時代半ばまで虎斑のあるものは『高千穂鼈甲(べっこう)』と呼ばれていたとされている。
つまり、いまは『高千穂』は『五大高嶺』が同じものという扱いになり、虎斑のものが『高千穂』になっているのである。
明治時代の銘鑑にはそれぞれが区別されて登載されている。

ちなみに文久元年に生えた『五大州』は『高千穂(五大高嶺)』の実生である。

『高千穂』のなかでも後冴えで特に上質のものを『米若残雪(よねわかざんせつ)』と呼んでいたのだが、登録に際して『高千穂』に統一された。
『太陽殿の虎』『児玉残雪』らと並び、大葉虎斑ものの代表格である。

外気9−15℃
温室10−16℃
鉢内11−20℃
灌水なし。
昨日は晴れて初夏を思わせるような気候でしたが、今日は一変して曇り、冷たい風が吹いていました。
毎日同じ管理という訳にはいきませんね。

話題は変わりますが、色々なものを浸けた水のpH値を測ってみました。

苔5.8 硬質赤玉6.7 アク水(原液)9.8 アク水(上澄み)8.6 日光砂7.1 肥料6.8

うちの水道水は7.2です。
超硬質鹿沼土である日光砂のpH値が7.1なのに驚きました。赤玉が6.7なら日光砂は6.5くらいだろうなと予想していたのですが。。。

2010/04/09

4月9日 大勲

『大勲(たいくん)』
いつの頃から作られていたかは定かではないが、北九州地方に点在していたものを昭和36年頃に古田勲氏と奥谷守松氏が着目し、収集して全国に紹介したもの。

羅紗地でざらついた地合いをしており、紺性は淡く、覆輪は黄味を帯び、左右に大きく開いたしゃもじ型の葉姿は雄大であると同時に愛嬌がある。
写真の木のように実をつけると一層「おもと」らしく、一般の人にも分かりやすい品種である。

外気2−18℃
温室3−21℃
鉢内4−25℃
温室は朝振り水をし、夕方抜き水をしました。
日覆いは11時頃一度引いたのですが、午後になり曇ってきたのでまた開けました。

芋切りの風景
やはり何十年も経験のある園主のランセット捌きは見ていて勉強になります。
私も手先は器用なほうだと思いますが、芋切りの技術は(どこにメスを入れるかも含め)数をこなさなければ身に付かないなと実感しております。

竹芋(ちくいも)

芋の持ち出しが竹のようになっている状態です。
こうなっていると、芋底が多少傷んでも傷みが上に侵攻しにくいから取引の際に喜ばれるらしいです。
さらに、作上がりもしやすいとよく聞きますがどういうことなのでしょうか。
肥料の吸収がよくなるのでしょうか???

2010/04/07

4月7日 千代田鶴

『千代田鶴(ちよだづる)』
昭和30年、福岡県の辻市右衛門氏の『鶴裳』の紺覆輪が白覆輪に変化し、大覆輪となったものである。
白覆輪になったことで一層明るく見え、折り下げる曲線美も非常に美しい。
千代田城のようなツメの紺覆輪がないので、葉やけには特に気をつけなければならない。

外気3−11℃
温室6−16℃
鉢内7−20℃
明日の朝、灌水予定。
今日は昨日とは一変して冷え込み、冷たい風が吹き荒れていたので窓は閉めたまま過ごしました。
乾燥した風に当てると葉先が焼けてしまいますのでご注意を。
特に千代田系が焼けやすいようです。

2010/04/05

4月5日 文鳥丸

『文鳥丸(ぶんちょうまる)』
慶応2年(1866年)に京都の三上社中が出した『萬年青』という刷り物にその名が見えるほどの古典品種である。
大葉系統に属しているが、薄葉おもとである。
一見してそれと分かる葉姿と大柄の切り斑虎(高隈斑?)が美しい。
なぜ高隈斑?かというと性質はほとんど同じようなものなのだが、『文鳥丸』の斑はその種を蒔いても遺伝しないので切り斑虎ということで区別している。

下の写真は文鳥丸に図の現れた『聖文鳥(ひじりぶんちょう)』と呼ばれる品種である。
数が少なく、保存していきたい。

さらに、第51回の全国大会に出展されたもので、虎斑を現した『文鳥丸の虎』というものもあるらしい。
現在もあるのかは不明だが、あったら是非とも入手したいところである。

外気2−15℃
温室5−17℃
鉢内5−20℃
灌水なし。
今日から本格的に当園の芋切りを始めたのですが、去年より多少数が少ないのでそんなに時間がかからずに済みそうです。

2010/04/03

4月3日 旭光

『旭光(きょっこう)』

『五大高嶺』に図の現れたもの。
昭和37年、千葉県の加瀬忠義氏が同県の写真屋で発見し、命名登録した。
一見して蹴込み縞のようにも見える流れ図が特徴で、大小の打ち込みの鮮明な図を現す。
同じ「五大高嶺の図」である世紀の誉よりも若干小型になる。

外気△1−12℃
温室3−23℃
鉢内3−29℃
10時 温室23℃鉢内29℃(9時半頃に灌水)
天窓開放
10時半 温室17℃鉢内28℃
11時 鉢内24℃
12時 鉢内20℃

今日来園されたお客様が『瑞雲海』の株立ちを手に取り、「これ山野草鉢か何かに植えてみたら面白そうだね」と言ったのでやってみました。

こういう遊び心はイメージする力が試される感じがして楽しいです。

2010/04/02

4月2日 鷲高隈

『鷲高隈(わしたかくま)』
原木である『大象観』に高隈斑が現れたものということになっている。
昭和の初期頃から鹿児島県を中心に全国的に発見されてきた、高隈系統の代表種である。

『大象観』特有の立ち葉性でしかみが強く、紺性が特に強いので、雪白の高隈斑とのコントラストが美しい。
高隈斑は曙斑とは対照的で、日をあまり採らなくてもキレイに出るとされている。
それでも、木勢をつける為に朝日くらいは採光したほうが腰も太く雄大にできるので良い。

外気6−17℃
温室8−17℃
鉢内10−19℃
ビニールハウスは2時頃に灌水。

今日は1ヶ月経ったのでビニールハウスのほうは追肥をしました。
傷みのものは乗せず。
薄く長く効かせたいので1粒から大きな鉢のもので2粒。
6月の頭くらいから一度あたりの量を一粒ずつ増やし、7月の中盤から終わりにかけて全て取り除こうと思っています。
本来ならば品種や根の太さなどに応じてしっかりと管理したいのですが、ラベルに書いてある情報量が少ないので今はそこまで手が回りません。
いずれはラベルに品種や芋根の状態に応じて数段階の番号をつけ、番号に応じて肥料の乗せ方を変えるという方法を採って、できるだけ木の状況に応じた作をしていきたいな、と考えています。

今日から、当園のHPで錦鉢の注文をできるようになりました。

2010/04/01

4月1日 豊寿海

『豊寿海(ほうじゅかい)』
昭和25年、福島県の谷口徳三郎氏が「大宝」×「福寿鳳」の交配によって作出した『金剛海』の兄弟実生。
命名は内野舜二氏。登録は昭和55年、三光園。
彫りの深い粗い雅糸竜と中央の高い甲竜を現す。
黄覆輪が深くなり、剣葉と幅広の中立ち葉とのバランスが良い。

外気1−18℃
温室3−16℃
鉢内4−19℃
10時頃灌水。
新葉が動き始めたので、ガラス温室も東側の冬囲いを外して朝日を採り始めました。
ビニールハウスは冬場の温度が少し高かったのか大葉系は徒長気味です。
休ませる時にはしっかり休ませるのが良いと思うので、今後色々と対策を考えていかなければなりません。
やはり業者は化学肥料などの邪道に頼らずに、採光と水と適度な肥料の正攻法でしっかりとした作をできなければ、趣味者の方に作の指導をする資格がないと思いますし。