2011/03/31

3月31日 双天

『双天(そうてん)』
昭和60年に山田良典氏が作出。♂木は「翠汀(すいちょう)」、「新生殿」を使ったF1。
第1回の萬風展の頃は『成典』という名称だったが、第4回の萬風賞受賞の頃には天下無双からとって『双天』と名付けられた。平成17年に同氏と平野氏、庄氏、木村氏によって登録。

葉姿は腰が低く乱れることなく整い、折り下げを見せる。
葉芸としては羅紗系のほとんどの芸を見せる多芸品で、作り込むことによって始めの写真の木のように密な雅糸竜を見せ、全面を覆輪で覆う。
個人的には、この木は縞覆輪のほうが品格が出て、持ち味の紺性は薄れるが、仕上がりが良いような気がする。

俵作りの風景

とりあえず大事なものなどは従来の苔吹かしで芋吹きをやります。
「俵を作る時の固さは女性の太ももの堅さくらいだ」と母から教わりました。「別に女性じゃなくても、しかも女性でも色々あるだろ」と屁理屈を返したりもしましたが、そこが重要らしいです。笑
「砂利吹かし」「苔吹かし」
砂利吹かしは私が入園した頃から本格的に始めたので、まだ実験段階。私の作っている万年青などは全て砂利で芋吹きをするようにしています。砂利の方が がっちりした苗になると聞くので。
水苔を使った方法では、昨年『金剛鳳』の記事の時に昔ながらの箱詰めの方法を紹介しましたが、当園では俵をビニールで巻いて一つ一つ管理できる方法でやっています。
芋吹きは結局、それまでの親の作が良ければどんな方法でもほとんど吹くので、普段から芋根をしっかりと固く作ることが最重要です。

「しだれ桜」
園主が伝統園芸フェアーで買ってきました。
「しだれ桜」は曲線が柔らかいからなのか何だか色っぽいですね。
家のほうでは「ソメイヨシノ」のシーズンまであと半月くらい、「しだれ桜」でもあと一週間くらいだと思うので当園が桜前線の最先端です。
地に降ろして大きくするのもいいけど、盆栽で立派にしたら綺麗だろうなぁとも思います。

2011/03/28

3月28日 天童

『天童(てんどう)』
昭和40年頃、三河の森嶋豊市氏が作出し、小田井律樹氏が当才の時に求めて培養。
初子が平野氏を通じて牧野博氏に納まり、同氏が命名、昭和61年に登録。

当才の時は『力和』と同じように愛嬌の良い丸葉。
強い紺性に粗れた地合いをしており、覆輪は白覆輪。広葉なので若木のうちは覆輪に地合いを消されることは無く、十分に楽しむことが出来る。
葉芸を現してくると熨斗葉、盛り上がって潰したような雅糸竜に本剣や鈴虫剣など多芸で、作る楽しみが多い。
写真の今泉先生の力作がポケットブックにも載るほど有名で、総合美で言ったら今までの最高作品だろう。

今年の萬遊会に出品されていた『天童』が私の中では印象に強く残っています。

『天童』の地合いと葉芸、愛嬌の良さが存分に引き出されています。

外気△4−11℃
温室5−21℃
鉢内3−16℃(プラ鉢)
ビニールハウスは灌水。温室は乾いたところだけ振り水をし、明日灌水の予定。

2011/03/27

3月27日 和楽

『和楽(わらく)』
昭和56年に富山県の西田昭夫氏が作出。その後京都三光園が買い出す。
命名者は東京都の福原誠一氏、登録は平成13年に同氏と宮川氏、関戸氏、今井氏、辻本氏による。

本種は胡麻斑がかかっているとされており、特有の艶消しの地合いは当才の時から特徴がある。よく胡麻斑のかかったものは一発で完全覆輪を期待できるというが、本種も一筋の縞のようなものが発生し、そこから完全覆輪になったという話を聞いたことがある。
小型種で折り下げ良く整った葉姿は、大銘品の風格を備えており、盛り上がるような雅糸竜に深覆輪がかかることで葉肉の厚さを引き立てている。
これから先、羅紗系の代表種になり多くの愛好者に作られていくであろう品種である。

今の時期は種まきを済ませ、その合間に二年ほど植え替えてなかったプランターの大葉の植え替え、芋切りもまだ数本ですが始めました。

2011/03/23

萬風展 未登録品

『薫風』『玉舟』『楽翁』
『影虎』『晋作』『天山』
『錦麒麟実生』『慈眼獅子』『皇山』
『翠玄』『式部』『百豪』
これで萬風展の記事は終わりです。
お彼岸も迎え、施肥、芋切りなどのおもとの手入れが始まり、これからが楽しい時期ですね。
支部展、今年の全国大会、来年の萬風展などに向けて一緒に「楽しいおもと作り」をしていきましょう。

今週末は上野グリーンクラブで「伝統園芸フェアー」が開催されます。
大変な時ですが、ご都合の付く方は息抜きに遊びにいらしてください。

2011/03/21

3月21日 blog再開

ようやくPCの修理、というか初期化が完了し、PCが使える状態になったので、blogのほうを再開しようと思います。

今年も何か実験をしてみようということで、実生に関する実験です。
おもとの実には図や縞などの斑が移ります。
図や虎斑はキメラ斑なので実生で遺伝しないのは分かっていますが、縞柄に関しては母体にあれば遺伝します。
そこで、実の縞柄を地味、中間、派手に分けて蒔いてみようと思います。

交配は「大象観縞」×「大型縞甲獅子」
これで実の縞柄が派手なものに派手縞が入り、地味目のものにコートメ縞が入ったら面白いですよね。
私の予想では「実の斑と遺伝方法にはあまり関係がない」と思います。笑

2011/03/15

blog休みます

PCが故障したので、また修理し終えたら再開します。

2011/03/14

大災害 お見舞い

観測史上最大級の大地震、大津波、さらには火災が起こり、ここにきて原発の緊急事態ですから、被災された方々の安否が心配です。インフラがほとんど機能しないような状況で、この記事を見ることができるようになるにも時間がかかると思いますが、無事を祈っております。

2011/03/10

フローラルガーデンお知らせ

明日3月11日〜13日まで小布施フローラルガーデンにておもと、春蘭の展示即売会を行います。
小布施フローラルガーデンHP

今回もテーマ展示をします。
昨年は「日月系ファミリー」と「葉芸の進展(新生殿)」をやりました。

まずは『最晃閣』を使った実生による作出「大宝」×「晃明殿」、葉芸の進展。
「大象観ファミリー」
大象観、大象観縞、山比古、鷲高隈、残雪(松島、片貝)駿河富士を展示。

萬風賞を受賞した『絢華』も展示。
一般の方を対象にした展示会ですが、展示品のレベルは高く、趣味者としても結構楽しめる内容になっています。

2011/03/09

萬風展 登録品

「全国展入賞席、参考品奨励賞」「萬風展 頒布品」
登録品の中から数点。
『寿冠』『厳武』
『天元』
『暁雲』『永楽』『峻山』
『最晃閣』『寿松』『寿圓』
『五万石』『長春閣』
『武蔵』『大八州』『聖玉殿』
『春日錦』『獅子の花』