2012/04/26

4月26日 聖富貴、富国殿

最近、『聖富貴』の青(デモ沈)を手に入れました。
『富国殿』の根変わりと言われているので隣に並べて見比べてみました。

葉姿
『富国殿』のほうはあまり作がのっていないので今一比較になりませんが、『聖富貴』のほうがやや腰高な感じを受けます。

上から
『聖富貴』のほうが若干紺性が淡いような気が。
葉芸は下の葉なんか見るとやはりそっくりです。
一作すれば比較になりそうなので、また報告します。

ズーム
地は浮き出てくるような感じでやはり似ています。

こうなってくると『天賀』も欲しいところですが、世の中にあるのでしょうか。
『天賀』の青(っぽいの)を見かけた方は是非ご一報下さい。

「悠久」

芯を覗き込んでみると…四方葉になりそうではないですか。
これを見た途端に芋を切ってしまいたくなりましたが、グッとこらえて、もう一作かけてみることにします。

2012/04/21

4月21日 中信おもと展案内、大葉千代田

明日、4月22日(日)は一日だけですが、「松本分会 春の展示会」が行われます。
会場はいつもと同じく安曇野市、市民タイムス山光ホール。
三業者による即売席もあります。ご来場お待ちしております。

当方ではようやく桜が咲きました。
こちらの盆栽のしだれ桜は外に置いてあったので、合わせて満開を迎えています。
きれいです。
やっと春が来たな、という感じですね。
温室内にもう一鉢あるのですが、そちらは気が付いたら葉桜になっていました。

主立った木の芋切りは終わり、今はその他大勢の植え替えが行われていますが、その中からこんなものが出てきました。
生えウブの4才くらいでしょうか。

鉢は4.0号のプラ鉢。
千代田斑はもう一歩冴えがないですが、まあまあの斑足。葉肉が厚く、しっかりと立ち葉性をしています。
あとは葉幅がもう少しひいてくれれば、それなりの大葉千代田として見られると思います。
大葉千代田はまだこれ!といったものが出来ていません。
いわきの熊谷さんは都の城タイプの大葉千代田を狙って近いものを作出されていますが、実生家の方は挑戦する価値の高いジャンルだと思います。

2012/04/12

4月12日 播種完了、芯動き始める

芋切り、植え込みの合間を縫ってようやく種をまき終えました。
一鉢につき6粒以上あるので合計で600粒〜700粒くらいだと思います。
昨年は面白い掛け合わせをいくつか実践できたので今年の生えには内心期待しています。

ここにきて採光を強くしてから一気に芯が動き始めた感じがします。
一枚目は3月下旬に撮った写真。腰が太り、止めの2枚が開いてきました。

この芯の色に心が躍ります。

今年で2才になる生え実生。
早めに肥料を施して管理しています。
これもここにきてグッと伸びてきましたが、一筋縄ではいかなそうな葉肉です、s.hさん。

2012/04/09

4月7-8日 東信おもと展

東信おもと展は盛況裏に開催されました。

特に2日目は新聞の朝刊に載ったこともあり、かなりの人の入りで、講習会の時は席が足りないほど一般の方が来場されました。
無料苗の配布もあり、係の方は二日間手が離せなかったようで、お疲れ様でございました。

初日は消毒病虫害について、苔のきれいな巻き方の講習があり、2日目は良いものとはどういうものか、実生について、植え替えの実践などの講習がありました。
分かりやすい講習内容で、一般の方だけではなく若い趣味者の方にとっても有意義な講習となりました。

恒例の人気投票も行われ
1位 家宝都の図(稲妻系)小林さん
2位 富貴殿 茂木さん
3位 舞子 柳沢さん
といった結果になりました。
写真はこれも恒例の撮り忘れとなっております。
2年前の人気投票では羅紗系の「大納言」が1位でしたが、今回は「富貴殿」が2位という結果。
万年青の葉姿、線という美が一般の方にとって一番伝わりやすいポイントなんだな、と改めて分かりました。

2012/04/06

東信おもと展 ご案内

明日から4月7、8日(土、日)は東御市の道の駅「雷電くるみの里」にて長野県支部の東信分会によるおもと展示会が行われます。
作に気合いの入った方達が多い会ですので、色々と有益な情報交換も出来ると思います。
大勢の方のご来場、心よりお待ちしております。

最近更新が滞ってしまっています。
ネタも特に見つからないので子を外して巣立ちになった「悠久」を載せます。

今年はそれなりの葉芸か葉肉を見せてもらいたいです。

最近は芋切りと植え込みをひたすらやっています。
管理としては10時くらいまで採光をして灌水は1〜2日に一度ですが、そろそろ日中も採光をして灌水の間隔も詰めていこうと思っています。施肥は5月に入ってから置き肥を施す予定です。