2013/09/25

長野支部展pt.2

信濃毎日新聞社賞:『寿扇』
長野分会 小林博美さん



葉姿が乱れやすい品種ですが、葉巾もひかせて良くここまで整いました。


NBS長野放送賞:『残雪』
長野分会 小林智道さん


NHK長野放送賞:『三光の松』
東信分会 茂木さん


TSBテレビ信州賞:『鸞山』
東信分会 坂本さん


abn長野朝日放送賞:『海吉』
中野分会 町田さん


珍しい縞覆輪。

2013/09/23

長野支部展pt.1  上位五賞


第45回信州おもと美術展が無事開催されました。
支部創立50周年記念大会と言うことで今年から総合優勝者(協会長賞受賞者)には前支部長の山際さんから贈呈していただいた立派なカップが持ち回りで贈られることになりました。

栄えある第一回目の受賞者は…
東信分会の茂木さんでした。
(公社)日本おもと協会会長賞『天元』
東信分会 茂木さん

葉巾、葉数が揃い、各葉に葉芸を現したところが審査で評価されたようです。
おめでとうございました。

長野県知事賞:『鶴の舞』
東信分会 茂木さん
なんと!上位二賞を受賞されました!!
縞柄最上で葉疵なく、巻きも申し分なく、ボリュームも申し分ありませんでした。
名品展でも部門があるので、入賞しそうです。

長野県議会議長賞:『旭峰』
長沼分会 前島さん
以前、上田の宮崎さんが作った木と同じようなボリュームですが、止め葉が乱れていたので金屏風は無理だろうと思っていましたが、三位入賞となりました。
植え方が良かったようです。『旭峰』は木自体にボリュームがあるので、鉢はやや大きめにして深めに植えるとバランスがとれて引き立ちます。
前島さんは父君が総理大臣賞を2回受賞された方なので、自分も負けてられないと気合いを入れていました。

長野市長賞:『白塔』
東信分会 茂木さん
レベルの高い長野支部でこの入賞率は快挙です!


これだけバランス良く、止め葉に広葉2枚でまとまった『白塔』には滅多にお目にかかれません。
個人的にはこれがトップでも良かったと思いました。
美術木のお手本のような作品でした。

日本おもと業者組合賞:『冨士の雪』
須坂分会 小林幸夫さん
昔は『冨士の雪』と言えば長野県だったのにな、という話を昔からの趣味者の方から良く聞きますが、この作品は文句無しで全国レベルだと思います。

2013/09/20

第45回 信州おもと美術展

9月21、22日(土、日)は長野県支部の信州おもと美術展が開催されます。
会場:ホテル犀北館 南館2階
開場:21日(土)12時〜17時。22日(日)9時〜15時。
販売業者:田哲園、瑞光園、長野三光園、春光園、押花園、大斑園、偕楽園芸、桶庄園芸、愛楽園(鉢屋)

無料苗の配布も行います。
長野県支部と近隣支部の会員の力作が展示されます。
大勢の方のご来場を心よりお待ちしております。

2013/09/16

9月16日 玄庵、松井さんを偲んで

これは先日故人となられた信州の実生家、松井さんが遺した羅紗実生「玄庵」です。
来歴は以前'12.8.17blogを参照。
超小型で、葉肉の乗った時の地合いが『寿扇』に良く似ています。葉の形としては「浅野実生」という実生に良く似ていますが、こちらの方が葉芸の可能性を感じます。
ラシャラーのNさんに言わせると「寿扇をおしゃれにした感じ」だそうです。
松井さんはあまり小さいものは好まない方でしたが、私はこの木が好きで、羅紗マニアの間で密かに残っていくと思っています。
今度の長野支部展にこの木ともう一本別の方が作っている木が展示される予定です。
今日は台風が直撃しました。
皆さんのところは大丈夫でしたか?
長時間続いた雨の影響でまたもや温室が水浸しになりそうだったので(23時現在は温室内が池になっています。)物を移動していたら温室の石畳の隙間から万年青が生えていました。
落ちた種から発芽したものだと思いますが、可愛らしい当才生えです。
苗床で生えていたら淘汰されるような青いペラの生えですが、こんなに頑張って生きている姿を見てしまうと、応援したくなります。
この石畳も松井さんが若い頃に敷いてくれたものだそうで、今ではメイン温室の作場をしっかりと支えてくれている当園の財産となっています。

2013/09/09

’13三河実生会

9月8日は実生支部による三河実生会こと全国万年青実生展示大会が開催されました。
信州実生会から4人で行ってきました。
出品受付の様子。
会員の皆さまお疲れさまでした。
(公社)日本おもと協会会長賞に輝いたのは長野県支部の岡田さんでした。おめでとうございました。
部門は実生一般の部。
「富貴丸」という羅紗獅子実生です。
当才生えの部のトップ入賞2本。
実生支部長賞で福岡県の村山さん。
「車E14」の生えだそうです。
地合い、紺性が良く、しかみがきておりどんな葉芸を現すのか、先も見てみたい愛嬌の良い生えでした。
岡崎市議会議長賞で広島県の二反田さん。
昨年も縞羅紗の当才生え部門でトップ入賞されていましたが、今年も型の良い生えでまたもやトップ入賞されました。
 

2013/09/05

お棚周り in新潟

今年の萬遊会は10月12、13日に新潟県で行われます。
会場は燕三条の駅&ICから近くにある燕三条地場産業振興センター(メッセピア)という会場です。
その萬遊会の打ち合わせと、地元新潟県の趣味者のお棚拝見に行ってきました。
『獅子の花』

『輪波獅子』
『紫雲楽』


『千代田城』
今年来年から全国大会でも業者組合の特志賞が付いています。


『冨士の雪』
さすがにどこのお棚へ行っても性の良い『富士の雪』が置いてありました。





もちろん羅紗でも凄いのがありました。
 『円心』
ここまで葉巾をひくものなんですね。
覆輪ものでこのレベルの作品を見てみたい。

ここまで見ても分かるように、説明なしで綺麗な薄葉、大葉系の良いものが多く、萬遊会の展示内容も最近の各地で行われている展示会とはまたひと味違った華やかなものになりそうで楽しみです。

2013/09/02

信州おもと実生研究会 品評会

9月1日は信州おもと実生研究会の品評会が行われました。
金屏風は6点
「長野県支部長賞」
4才以上縞羅紗の部
藤倉さん
上から
さすがは良い実生を収集されているだけあって物凄いハイレベルなものを出品されてきました。
類似品が思い浮かびません。
芸足からすると来年はもっと葉芸を乗せてきそうです。
「信州実生会会長賞」
当才縞羅紗の部
前島さん
今年は当才縞羅紗部門が激戦区でしたが、2枚目の地合いが決め手だったようです。
「田哲園賞」
2〜3才縞羅紗の部
三宮さん
上から
Vの葉芸ですね
丸小が♂木なので、これから丸止めに良い葉芸を乗せた葉がでることに期待です。
「瑞光園賞」
2才以上獅子の部
大見さん
一作で見違えた姿になったようです。
「長野三光園賞」
当才胡麻斑の部
百瀬さん
この部門は胡麻斑羅紗の良いものも何点か出ていましたが、斑の良さでトップになりました。
「湯本賞」
当才千代田斑の部
岡田さん
♀母松だそうです。打ち込みの千代田斑で地もそこそこありそうでした。