2014/05/27

5月27日 聖雲殿軍団

我が『聖雲殿』軍団をお見せします。
まずは覆輪。
長野支部展で特志賞を付けているので自分でも頑張っているのですが…美術木作りは採光にしても施肥にしても思い切らないと中々難しいですね。
次に縞。
柄が結構はっきりしているので取りあえず傷めないように水かけしていきます。
最後に深覆輪…?
もうゲームセット寸前です。背筋の紺性だけで何とか保っているような状況。

何だかバタバタと仕事をしていたら交配時期になってしまいました。
今年は少数精鋭でスタンダードな交配をする予定です。

2014/05/20

5月20日 悠久など

「悠久」
昨年の秋までは生え根まで付いていたのですが、今年はメスを入れてしまいました。
今年の葉芸は昨年までとは違いそうだっただけに惜しい…。誇大表現をすると「万玉」のような雅糸竜です。
『雲鶴』
今年こそ美術木になる!と言って2年くらい経ちます。
今年こそは!
若いうちは割と作りやすいのですが、芸を始めると中々難しい品種です。
『愛玉殿』
この品種もポケットブックに載っているような締まった木を作りたくてずっと作っているのですが中々…。今年下葉が保てばまあ満足できそうです。
この時期は誰もが名作者とはよく言ったもので、腰が張ってどの木も良く見えますね。

2014/05/13

5月13日 生えなど

新芽の伸びを眺めるのは本当に楽しいですね。
今年は各万年青がどんな葉芸を見せてくれるのでしょうか。
これは百瀬さんの昨年の生え実生。
地と型が良く、中々期待を持たせてくれています。
♂木の「アヅサ」は百瀬さん秘蔵の実親だそうです。私も使ってみたい。
たまらなく良い地合いです。
何とはっきりと覆輪気が!
これにより園主が選んだのか、私が選んだのか軽いバトルが発生しています。お互い自分が選んだと思っています。
出張中のお客様の預かり品です。
品種は「三福」。
今年の萬風展に群馬県の茂木さんが別の木を出品されました。
元は富山県の故日中さんから出たもので、細葉タイプながら中々の葉芸を現します。
この木も今年は飾れる姿になりそうです。


話は変わりますが、最近小回りが効くという理由からblogの画像はiphoneのカメラで撮影しているのですが、生え実生をまあまあのクオリティで撮影できるので侮れません。研究の余地がありそうです。

2014/05/02

第8回 草匠展

明日から二日間、安曇野スイス村の隣にあるイベントホール「サンモリッツ」中ホールにて第8回草匠展が開催されます。
山野草や東洋蘭、万年青などが展示されます。
販売品も豊富で面白い内容となっておりますので、是非お出かけ下さい。

長野自動車道安曇野ICから直進、車で5分程度。
アクセス→サンモリッツHP