2015/09/29

第47回信州おもと美術展 pt.1

この土日は長野県支部の第47回信州おもと美術展が開催されました。
出展数は昨年より若干少なかったものの、270点の出展があり、会員の皆さんが手塩にかけて育ててきた美術木がずらりと並びました。 
総合1位の日本おもと協会会長賞は『鸞山』でした。
受賞者は松本分会の山口さん。

かなり芋の長い親木だそうで、昨年からグンと作上がりしてきているのが分かります。
このままでも素晴らしい至芸品ですが、来作でもう2枚本芸の葉を被せた時が真の完成形と言えそうです。 
長野県知事賞『和楽』
東信分会 茂木さん
まだ葉芸は若く、若木の勢いから親木の締まった姿へ移行している途中ですね。
葉数を保ち、これだけ腰を太く充実させた作はさすがの力量です。 
長野県議会議長賞『残雪』
長野分会 小林智道さん
昨年の全国大会で農林水産大臣賞を受賞された木です。
霜降り和牛の脂身のような図を現わして、葉尺は短く葉幅は広く仕上げた素晴らしい作品です。
これが総合1位でも納得でした。 
長野市長賞『珠光』
長野分会 小林智道さん
今年は葉繰りがいまいちですが、総合的に仕上がった作品でした。
もうじき90歳になられる智道さんですが、万年青の培養技術は衰えを知らないご様子です。 
日本おもと業者組合賞『峻嶺』
東信分会 茂木さん
15才くらいになる親木だそうです。
ようやく初めて見る本芸を現わしてくれたとのこと。
ここ数年の厳しい作によって引き出された葉芸でしょう。

2015/09/25

第47回信州おもと美術展

9月26、27(土、日)は長野市にあるホテル「犀北館」の南館2階で信州おもと美術展が開催されます。
長野県支部の会員の皆さんの力作、200点余の展示品が並びます。
県外からの販売業者も数軒来ます。
ご希望の品や珍しい品が入手できるチャンスとなっておりますので、この機会に会場に足を運んでみて下さい。
ご来場お待ちしております。
※27日(日)は午後2時くらいに終了となりますので、ご注意下さい。

2015/09/16

第48回全国おもと実生展示大会 pt.1

第48回全国おもと実生展示大会がこの土日で開催されました。
例年通り全国から実生好きな方が大勢集まり、雰囲気良く楽しい一時を過ごす事ができました。 
トップ賞の実生支部長賞
二歳以上縞羅紗 上越市 高橋さん
毎年一緒に会場まで行くメンバーのお一人です。
なによりも副賞の松坂牛をゲットしたことに喜んでおられました。 
日本おもと協会会長賞
当才縞羅紗 広島県 西永さん
型と愛嬌もそうですが、葉の緊張感、地合い、シカミの具合から将来も期待できる生えだと感じました。 
交配は♀車E14×♂BC11だそうです。
以前、故村山さんが萬風賞を受賞された緑風苑作出の「力丸」と同じ交配です。「力丸」はもう枯死して絶種になってしまったので、この生えがいずれ、それ以上のものになってデビューするかもしれませんね。

2015/09/09

生え2才、信州実生会

先日お客様のお棚を訪問した際に1本の実生が目に飛び込んできました。
なんと当園の昨年の生えとのこと。現在2才。
交配は♀OT94×♂英宝。

良い葉が出たとはその方から伺っていましたが、想像の遥か上をいく高水準の実生になっていました。
作によるところも大きいと思いますが、柄がはっきり出ればかなり面白いのではないでしょうか。 
先日、信州おもと研究会の展示会が開催されました。
今年は地元の参加者が少なかったですが、県外からもお客様が見えて、終始楽しい雰囲気で過ごす事ができました。 
トップ賞の支部長賞は前島さんの4才以上縞羅紗。
「麒麟児」と仮名のついている当園の生えです。
交配は♀N130×♂西F3。
今年の葉が決め手でしたね。 
実生会長賞は岡田さんの2〜3才縞羅紗。
交配は♀(美好×新生殿)F1×♂仁兵衛大宝。
葉芸はまだ見えませんが、地合いから受ける印象は全ての出品物の中で、ずば抜けたポテンシャルを感じました。