2015/12/25

12月25日 絢華

☆Merry Christmas☆

「絢華」
吹き4才の仕上りはこんな感じです。
萬風賞を受賞した頃のやや細葉で線が際立っていた木とは全く異なった趣です。
今年の葉は三枚それぞれが違う葉芸を見せており、熨斗雅糸、盛り雅糸、彫り雅糸を現しています。
本数が少ないので増殖も急がなければなりませんが、葉芸の方もまだまだ変化を期待しても良さそうです。

←萬風賞受賞作品

萬風賞受賞の翌年の姿→

2015/12/22

12月22日 永楽、小百合

今年も年内の展示会は一通り終わり、ようやく一息といった感じです。

『永楽』青
江戸川の加藤さんが作出した熨斗雅糸の品種です。

特徴は現れて葉肉も乗せてきましたが、いかんせん葉先が尖ってしまいます。
若木なりのボリュームは出たので、今年から鉢を締めて粗植えで日強に作をかけてみようと思います。 
「小百合」
これはいわきの熊谷さんが作出し、江戸川の加藤さんが入手、神奈川の近藤さんが命名した羅紗実生です。
性質は弱いところがあるようですが、当園の棚には合っているのか、作がかかっています。 
以前、故田中俊一さんが良い作品を作ったことがありますが、もう一段階葉芸が進みます。
中膨らみの葉を繰り出し、銘品の相が見えます。 
これは今をときめく新進気鋭の品種です。
「小百合」とイメージが重なって見えますが、いかがでしょう。

2015/12/11

第3回 萬葉四季

今週末の日曜日、12月13日は私と長野三光園の晃彦さんの2人で即売会を開催します。
会場は横浜市野毛にあるHanahanaという会場で、お送りしたDMには3階と記載してしまいましたが、2階の展示場の誤りでしたので、訂正致します。
お近くの方は是非遊びにいらっしゃって下さい。
お待ちしております。

2015/12/09

第70回 日本おもと名品展pt.3

三本柱左の特別最優等
上越支部の高橋さん『華陽』です。
締まって、よくできた至芸品でした。
止め葉が熨斗で止まったのが少し寂しいですが、各葉に見るべき葉芸が現れて、作ってみたいと思わせる作品でした。
羅紗獅子系の最優等
東海支部の山本さん『臥牛獅子』。
幅広の至芸を現した葉は今まで見た『臥牛獅子』の中でもトップクラスです。 
下三段左の特別最優等
水郷支部の大木さん『旭泉』。
これは何で金屏風にいかなかったのだろう、と思った程に素晴らしい作品でした。
本種の見本木です。 
三本柱中の優等
水郷支部の佐々木さん『珠宝』。
中々葉芸を現さない品種ですが、良く日を採っているのでしょう。丸止めで肉厚の雅糸竜はそこら辺の実生では太刀打ちできない水準の高さがあります。


上三段右の優等
水郷支部の大木さん『瑛泉』。
葉姿のバランスという点では止め葉がもう一枚欲しいですが、葉芸を見れば本種の至芸品です。
特に右側に見える昨年の葉の葉芸を見ると、この品種の魅力が十分に伝わってきますね。

2015/12/07

第70回 日本おもと名品展pt.2

特別賞の一覧は業者組合のHPにありますので、そちらをご覧下さい。
日本おもと業者組合
私は主観で作品を紹介していきます。

東京都知事賞の『玄峻』
神奈川県の名作者、大平さんの作品です。
昨年よりも止めの葉芸は若いですが、葉数が増えて洗練されました。
この品種の完成形といっても過言ではない作品です。


伝統園藝出版賞の『聖貴』
香川県の森實さんの作品。今回は農林水産大臣賞も受賞されて、作が乗っているご様子です。
この品種は私も力を入れて扱っているのですが、やはり良い木です!
以前、萬風展で神奈川県の渡辺さんが展示された作品とはまた違った趣を見せていました。
葉先の尖る葉を主体として、丸止めで芸を乗せた葉をここぞというところで繰り出します。剣葉を挟むところが面白いですね。

2015/12/01

第70回 日本おもと名品展pt.1

第70回日本おもと名品展がこの土日で開催されました。
外向きには盛大に、内向きには以前よりも合理化された素晴らしい大会であったと感じました。
売品席も一時は身動きをとるのが大変なほどに賑わいを見せました。
土曜日の午後には秋篠宮殿下が来場なさり、副会長の福島さん、大会運営委員長の近藤さんが主体となって展示品を前に万年青の説明をされました。
全ての展示品を観ながら、踏み込んだご質問をされるなど、興味深く観覧なさっていたのが印象深く残っています。
主管された東京支部の皆様は大変お疲れ様でした。

特別賞受賞作品は業者組合のホームページに掲載されています。
こちらから→日本おもと業者組合HP


今回の名品展は何といっても協会長賞/総理大臣賞を受賞された茨城県支部、小松澤さんの『力和』を抜きにしては語れない大会となりました。
『力和』は今まで総理大臣賞を受賞した木がなく、多くの方がそれを目指して培養されてきました。
まあ、いつかはトップ入賞を果たす作品が出てくるだろう、とは思っていましたが、正直、ここまでのインパクトを与えられるとは想像していませんでした。

通常はどんな名作品でも、この葉と葉の間隔が…、この葉疵がなければ…等々どこかしら欠点が見つかるものですが、今回の作品はまさに非の打ちどころが無く、まず無疵、そして葉数、葉幅、葉芸、葉姿はこの品種のポテンシャルを最大限まで引き出したものであり、柄も縞覆輪、出品態度に至るまで、完璧な作品でした。
審査前に見た瞬間から輝いていましたね。
感動しました。