2016/12/28

12月28日 競作、愛玉殿縞、光陵、梓

名作者、万葉さんとの競作2点です。
万葉の足あと
『富国殿』
極小苗から5作かけた6才。
葉幅も出て、本芸を現してきました。
来作うまくいけば展示会で入賞を狙えそうです。 
『舞子』
こちらも6才。
覆輪気が進んできました。
中々下葉が保てないので、葉繰りを一枚増やす戦法に切り替えます。




ここからは競作ではありません。
『愛玉殿(縞)』
相当な老木ですが、木勢が衰えません。
折り下げの良い中型種、オールド・ファッションでかっこよきよき。
どうせ縞ものを作るならもう少し派手でもいいですが、こうやって作がかかってくれると何にせよ楽しいものですね。 
「光陵」
ここんところ毎年作上がりするものだから、続けて萬風展に出展していたのですが、今年もまたさらに良くなってしまいました。
腰の張り具合が今まででベストです。

なんでしょうか、この欠点のない万年青は。(柄がないのが欠点ですが...)
まあそろそろクドいので、次回の萬風展はやめときますか。 
でもベストである以上は出すべきか...
最後に「梓」。
以前は百瀬1号と呼んでいた実生。
今までで最もポテンシャルが引き出されたのではないでしょうか。
葉姿は見れたものじゃないですが。
こうなると完覆で仕上げてみたいという欲求が出てきます。
N.Tさん、期待してますよ。

2016/12/16

ハオルチア、青い万年青

最近多肉植物のブームを話で聞いてはいましたが、中でもこのハオルチア(ハオルシア)がすごい人気だそうです。
多肉女子という言葉もあるとか。
万象、玉扇という品種の斑入りは万年青のトップクラスと張り合うかそれ以上の高値が付くそうです。

まるで刃物でスパッと切ったような表面を「窓」と呼ぶらしく、窓が広くて縞などの斑が入ると良いそうです。 
こちらは玉扇の「玄武」。
私にはハオルチアは良くわからないので
良く知っている万年青のほうの
『巌武』
(打ち出し当時の価格400万円弱)
完全覆輪をおねだりして分けていただきました。
おかげさまで万年青の『巌武』は翌日、東京から帰る前に商売になりました。




話を万年青に戻して
『碩山』の青。
かつて大島さんが作った覆輪の代表木以来、それを凌ぐ美術木が飾られていませんが、私の作っている青い木が中々素晴らしい葉芸を見せました。 
モリモリと雅糸竜を現しております。


続いては「天啓」。
ハオルチアではありませんが、縞があれば10万円〜の品種です。
最近の萬風展では葉芸を現した木が展示されていませんが、こんな葉芸もするんだぞ!ということで紹介します。

表面のザラザラという意味では
万年青の葉芸が一番優れているように感じます。

2016/12/14

日本おもと業者組合HP


日本おもと業者組合のHPで、組合が名品展に特志賞をかけている各品種の解説ページが更新されました。
各品種の過去3年間の特別最優等作品が掲載されています。
左のサムネをクリックすると飛びます。

2016/12/06

日本おもと名品展 東京支部展pt.3

日本おもと名品展の特別賞作品が業者組合のHPにアップされましたので、ご覧下さい。
日本おもと業者組合


バタバタと過ごしていたので、しばらく更新が滞りましたが、前回の続きとして東京支部展の参考品/未登録品から5点選出された安達賞を紹介します。

「羅紗実生」 溪氏
昨年三河の実生会でトップをとった実生を求め、一作かけたそうで、中々魅力的な木になっていました。
熨斗から総雅糸竜へ進展しており、覆輪気も良くなっていて楽しみです。 

「萬亀」 佐藤氏
岡山の清水さんが作出した羅紗獅子で、斉藤獅子という実親から生えたそうです。
葉芸は一流、型は小さく、獅子作りをすればもっと葉が巻き込むそうです。
まだ本数が少ないですが、羅紗獅子ではかなり面白い部類ですね。 
「菱玄」 溪氏
河村氏の実生。
青がほとんどですが、関戸さんの殖えから覆輪が回り始めたそうです。
襟組のしっかりとした品種で、熨斗葉のバラエティに富んでいます。 
「瑛祥」 西濵氏
石藤実生で、♂木は『新生殿』だそうです。
『新生殿』を使ってこういうタイプが出るとは…。分からないものですね。
今回、私の中では参考品で一番でした。


肉厚で、この地合いと葉芸の良さ、かなりの大物です。
折り下げの良い小型種は他に『荒法師』、『冠彩』などがありますが、それらとはまた特徴が違っているのでイイ! 
「弥山」 篠崎氏
この木は3年くらい前に提籃会で見た時は細葉で型の良い木というくらいのイメージでしたが、だいぶ良い方に変化してきたようです。
作出者は『円心』を生やしていますが、何となく重なる部分も感じます。